hdd認識しないといったトラブルを解消|企業を助けるITサポート

質の良い業者選び

2人の女性

データ復旧業者数多く存在しますが、その中には企業が緊急を要して依頼しても迅速に対応してくれない業者も存在します。企業の依頼に対して、迅速に対応を行なってくれる質の良いデータ復旧業者を選ぶ必要があるでしょう。

もっと見る

高水準のサーバ管理

電話する女性

企業のオフィスでサーバの保守・運用を行う際には、24時間体制の空調管理や排熱問題等の様々なコストが発生します。データセンターであれば、サーバに適した施設環境で完璧な保守・運用を実現してくれます。

もっと見る

信頼性の高い情報共有

ファイル送信

企業において、大容量のデータファイル送信を行う際には手間と時間が掛かっていました。ファイル送信サービスを利用することで、効率的で簡単な大容量ファイル送信を実現します。

もっと見る

データ復旧費用

周辺機器

企業において、電子データの保存を外付けhddで行なっている企業は少なからず存在するでしょう。そういった企業の中で、外付けhdd認識しないトラブルが発生したことのある企業や現在している企業があるかと思います。外付けhdd認識しないトラブルというのは、その扱いや寿命によって必ず発生してしまうトラブルです。そういったトラブルを解決する際には、データ復旧業者に依頼しましょう。
データ復旧業者に依頼する際に発生する料金というのは、外付けhddの故障具合や原因によって大きく変わります。外付けhddの故障原因には大きく分けて二種類存在し、それらは論理的障害と物理的障害と呼ばれています。料金に関して、軽度の故障のうち論理的障害が原因であったなら、そのデータ復旧費用は約3万円から7万円必要になるといわれています。物理的障害が原因ならば、約7万円から10万円となっています。この点から、論理的障害による原因よりも、物理的障害による原因の方がデータ復旧費用が高くつくことがわかります。中度の故障についての料金も知っていきましょう。論理的障害における中度の故障の復旧依頼では、約7万円から10万円の費用が必要となります。物理的障害が原因であれば、その費用は約18万円から50万円となるでしょう。論理的障害が原因の重度の故障のデータ復旧に関しては、約10万円から25万円の費用が掛かります。物理的障害であるならば、約20万円から60万円と高額の費用が発生してしまうでしょう。